膝痛の種類【オスグット症編】~新潟市中央区の整体~

こんにちわ、ABC整体スタジオの金子です。

本日は「オスグット症」についてご紹介します。

 

オスグッド症とは??

小学校高学年くらいから、高校生までに多く発症する膝の関節痛。

膝のお皿の少し下の骨の部分がポッコリ膨らんで、押すと痛かったり、

走ったりジャンプしたり、屈伸すると痛むのが特徴。

 

 

サッカーやバスケ、テニス、バレーなどジャンプしたり走ったりなどで足を酷使することによって発症すると考えられている。

基本的には運動による疲労が大きな原因。

特に体の固い子供に多い。

 

オスグッド病と言われたら・・

膝の周りの筋肉をゆっくり伸ばしてあげる。

またいたわってあげることが大切。

 

オスグッド病は年齢と使いすぎによるものが大半なので、練習量や練習方法を考えることが重要です!

運動前には必ず十分なウォーミングアップを行い予防に努めましょう♪

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

・「その場で効果を体感できる」
・「説明がわかりやすい」
・「予約制で待ち時間がない」
・「検査をしっかりして原因を見つけてくれる」と人気

・2016年年間利用者数3,375名!

ABC整体スタジオ新潟店
新潟県新潟市中央区東中通1−188(新潟駅より車で10分、新潟市役所、新潟大学病院、新潟三越近く)

当店専用駐車場有

営業時間:月〜土 9:00〜20:00

TEL:025−211−8554


このページを見た方は初回料金割引有 詳しくはホームページを御覧ください。(24時間ネット予約受付中)

公式HPはこちらをクリック

LINEで予約はこちら↓↓↓

友だち追加

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です