慢性痛やコリに効くのは○○ストレッチ〜新潟市中央区の整体〜

こんにちは、ABC整体スタジオの菅原です。

先日受講しました解剖実習で、
慢性痛改善に役立つセルフケアを教わりましたのでお伝えいたします。

すでに当店の患者様にはお話ししていることもあるのですが、
慢性的な首コリ、腰痛の改善に重要な部位は「筋膜」という組織です。

最近では「筋膜リリース」「筋膜剥がし」などで有名になってきてますね。

アメリカでは医学や解剖学がやはり進んでいるのですが、
今回の研修でも専門家の方から「筋膜」の重要性や最新の情報を聞いてこれました。

まず慢性的な首こりや腰痛をお持ちの方の筋膜を専門の器具で検査をすると、
正常な筋膜は例えば蜘蛛の巣のように柔らかいのに対し、
痛みやコリが起きるところはお肉の筋(スジ)のように硬くなってしまっている(繊維化してしまっている)ことがわかっているそうです。

また、筋膜は病気との関連も見つかっており、
ネズミの実験で筋膜をストレッチしたネズミは病気の進行を抑えられたというデータがあるそうです。

慢性的な痛みやコリの改善にはこの筋膜をいかに柔らかくするか?

が重要と考えられるのですが、
研究で分かっている1つの対策は体を温めることです。

筋膜の間にはヒアルロン酸があり、
このヒアルロン酸は体温が上がるとサラサラ(柔らかく)なり、
筋膜が柔らかくなります。

お風呂に入ると体が楽になった経験はおありかと思いますが、
そのメカニズムはこのヒアルロン酸が温められるからだそうです。

もう一つのセルフケアはストレッチになります。

硬くなってしまっている筋膜は、
縮まって硬くなっているイメージになります。

そのため縮まっている筋膜をストレッチすることで、
筋膜の柔軟性を取り戻すことができます。

ただしストレッチの気をつけたい点として、
反動をつけないことです。

よく体操などではグイグイ反動をつけて動かしがちですが、
縮まっている筋膜を伸ばすのに効果的なのはじわーっと伸ばすことです。

縮まっているところを伸ばし続けて、
緩まっていくのを待つ感覚です。

メジャーリーガーのイチロー選手も、
ストレッチは同じ部位に持続圧で30秒-1分行うそうです。

慣れてくると、
筋肉や筋膜がふわーっと柔らかくなる感覚をつかんで頂けると思います。

ストレッチは日常どのシーンでもできますので、
ぜひセルフケアに取り組んでみてください。

特に慢性痛やコリの部位は筋膜の繊維化が強くなっています。

毎日の継続で少しずつ柔らかくなっていきますので、
継続を意識してみてください。

また、筋膜を緩めるには食事も重要になるのですが、
今日は長くなりましたのでまたの機会にお伝えさせて頂きます。

まずはぜひじわーっと伸ばすストレッチを試してみてください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Life &Body Care Partnerをコンセプトに、
私達はあなたに生涯動的で健康な生活を送って頂くため、
常に「業界最高峰の整体」を目指し、「新習慣」プログラムで再発予防をサポートします!


・「その場で効果を体感できる」
・「説明が丁寧でわかりやすい」
・「予約制で待ち時間がない」
・「検査をしっかりして原因を見つけてくれる」とご好評を頂いています。


ABC整体スタジオ新潟店
新潟県新潟市中央区東中通1−188(新潟駅より車で10分、新潟市役所、新潟大学病院、新潟三越近く)

当店専用駐車場有(詳しくはお電話でのご案内か、ネット予約の場合自動返信メールで駐車場のご連絡がございます)

営業時間:月〜土 9:00〜20:00、日・祝 9:00〜18:00

TEL:025−211−8554


このページを見た方は初回料金60%割引で体験できます。 詳しくはホームページを御覧ください!(24時間ネット予約受付中)




公式HPはこちらをクリック




LINEで予約はこちら↓↓↓

友だち追加

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です