冬から春の季節の変わり目に増える不調とは?〜新潟市中央区の整体〜

こんにちは、ABC整体スタジオ新潟店の菅原です。

本日のテーマは「冬から春の季節の変わり目に増える不調とは?」です。

季節の変わり目は調子が崩れやすいです。

これは気温、気圧、天候の変化に適応するため、
体内の環境を体が調整してくれて、
その反面体が疲れてしまうというのが一つの原因です。

気温が一日で10度近く変わってしまうと、
なんとなく疲れやすい感覚を感じたことがあると思いますが、
あの感覚です。

この変わり目に疲れやすいというのは冬から春だけでなく、
春から夏、夏から秋、秋から冬とすべての変わり目に言えることです。

ではそのなかでもこれから訪れる、
冬から春にはどのような不調が起こりやすいでしょうか?

統計としてこの時期起きやすいのは、
頭痛、頭が重い感覚、視界がボンヤリ、疲労感、肩・首こりなど、
首から上の症状が出やすいようです。

要因は様々ありますが、
一つの原因は花粉などがあると思います。

「え、花粉症は無いよ」

と、思われるかもしれませんが、
花粉症は体内に入った花粉を外に出す反応で、
花粉自体は体内に入ってしまいます。

その量や体内環境次第で、
くしゃみや鼻水、涙など出るか出ないかが変わり、
症状が出る場合は花粉症となります。

では花粉と頭痛や頭の重さなどがどう関係するか?

ですが、花粉自体には大きな害は無いと考えて良いと思います。

なぜなら花粉は昔から飛んでおり、
昔は花粉症などなかったと言われているからです。

近年増えてしまっているのは、
空気中の問題です。

ダイオキシン、PM2.5、排気ガスなど、
空気は昔より汚れてしまっています。

その汚れの中花粉が飛んできて、
花粉と有害物質がくっつくようになり、
有害物質が体内に入ってきます。

すると以前はなかった有害物質を出すための反応が強くなり、
くしゃみや鼻水、涙などで毒素を出そうと働いてくれます。

表立って症状として出る場合はわかりやすいのですが、
なんとなく頭が重い、、、疲れが取れない、、、という場合は、
こうした毒素が密かに体内に溜まってしまっている可能性があります。

これらの毒素は主に口や鼻、目から入ってきますので、
首から上の症状が出やすいのが特徴です。

このような症状が春先気をつけたいところになります。

予防法としては、
うがいや顔を洗うなどして、
体についてしまっている毒素を水で洗い流すことを意識しましょう。

洗濯物を外に干さないという方もいらっしゃいます。

それからどうしても体内に入ってしまうものはありますので、
毒素を出せる体にしていくことも重要です。

そのために腸内環境を整えたり、
汗をかいて体内から毒素を出す習慣を取り入れましょう。

腸内環境は食事、
汗をかくには運動や低温サウナなどでじんわり汗を出すのが効果的です。

ぜひ試してみてくださいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・「こんなに丁寧に診てもらえたのは初めて!」と人気
・2016年年間利用者数3,375名!
・わずか3分で体の変化を体感できる!

患者さんの喜びの声はこちら!

ABC整体スタジオ新潟店
新潟県新潟市中央区東中通1−188(新潟駅より車で10分、新潟市役所、新潟大学病院、新潟三越近く)

当店専用駐車場有

営業時間:月〜土 9:00〜20:00

TEL:025−211−8554

LINEで予約はこちら↓↓↓

友だち追加

このページを見た方は初回料金割引有 詳しくはホームページを御覧ください。

公式HPはこちらをクリック

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です